独自に測定した北本市内公園などの

放射線測定Map

 

当サイトで独自測定したデータをGoogle Mapに落としました。

測定機器:PM1610(Polimaster社)

地上10cmの測定値を記載しています。

簡易計測器での測定なのであくまで参考値としてご理解ください。


<フラグの色について>

  : 0.06μSv/h以下 福島原発事故前の埼玉県での観測データ上限

  : 0.07μSv/h〜0.18μSv 和光市の設定した独自の規制値を参考

  : 0.19μSv/h以上

  : 未計測の公園(順次計測してデータを追加していきます)


<測定値について>

ガイガーカウンターはメーカーや個体毎に測定値がことなる場合がほとんどだそうです。ですので、同じ公園内でも北本市測定の数値とは違う数値が測定されています。

この2機種の数値を単純に比較するのではなく、同一機種での計測値として複数箇所を比較してください。(「あっちの公園よりはこっちの方が低いな」という風に)

そのためにマップを分けて作成しています。


ちなみに我が家はこれまで実測した以下を目安にしています。


 リビング : 0.10μSv/h(ちょっと高めなのが気になりますが・・・)

 庭の芝生 : 0.16μSv/h(リビングより1.6倍高い)

 排水マス : 0.29μSv/h(リビングより2.9倍高い)


その他の参考


 池袋サンシャインシティ : 0.09μSv/h

 イオンモール羽生 : 0.08μSv/h


事故前の数値が分かりませんので、計測値を絶対値としてとらえず、あくまで相対的に判断して参考としてください。

←戻るTop.html

見たい場所のピンをクリックしてください。測定日と数値が表示されます。

0.06μSv/h以下  0.07μSv/h〜0.19μSv  0.20μSv/h以上  未計測の公園

北本自然観察公園管理等入り口付近は雨樋の下が高めです。

休憩する時などは避けてください。


0.45μSv/h


直近の測定結果

単位:マイクロシーベルト/h

チェルノブイリの事故に学ぶ
事故後25年、どのような経過をたどったのか?先例は唯一の参考となります。Learning_from_Chernobyl/Learning_from_Chernobyl.html
関東地方の主なゴミ焼却施設Map
ゴミ焼却施設をGoogle Mapにプロットしてみました。Radiation_Measurement_kitamoto_city.html

Contents

Topにもどる
今起きている事実からそれそれの立場でリスクを考えましょう。Top.html
0.45
0.27
0.21
0.40

New!

サイトをリニューアル中です。

以下のアドレスに順次移植中ですので、今後ともよろしくお願いします。



after311.info 放射能汚染から子供たちを守ろう!





こちらのサイトはしばらくこのまま。